資格取得を目指せる

ノートとペン

手に職を付けたいと希望する人は、年々増えています。そのため、看護学校が人気となっています。 看護師には、准看護師と正看護師があります。いずれも学校に通い国家試験を受けて資格を取ることが可能です。資格の違いですが准看護師は、正看護師に比べてできる仕事の幅が少なく、お給料が若干安めとなります。資格を取るのに、1年しか勉強の期間は変わりません。よって、正看護師を初めから目指した方が仕事の幅が広がり、お給料も良いのです。 学校は3年間通うことになります。専門学校に通う、もしくは大学に通うことになります。いずれも人気のため高倍率になります。現役生の場合は推薦枠があるので、こう言った枠を利用することも大切です。

公立の学校は、学費が安めです。そのため、受験生が集中します。一方、私立の学校は倍率が公立よりも低くなることがほとんどです。 看護学校に通う年齢は様々です。一旦、他の仕事に就いてから目指す人も多く、色々な人が共に勉強をします。また、母子家庭の世帯主となった場合、学校の授業料を補助するという名目で、補助金が出されることもあります。内容は各自治体によって異なるので、制度を利用する場合は、確認しておくと良いです。 学校に入るためには、試験を受けなければなりません。英語や数学等をベースとした問題ですが、現役を離れると非常に困難になります。最近は社会人枠を設けたところもあるので、まずはこちらを受験してみるのも一つの方法です。